ライフジャケット(PFD)

ライフジャケットは救命胴衣、PFD(パーソナル・フローテーション・デバイス)は浮力補助胴衣で、少々スペックが異なるようですが、日本ではライフジャケット=PFDという感覚で呼ばれているようです。

シーカヤックに限らず海のレジャーではPFDは必ず着用するようにしてください。万が一、PFDを持参するのを忘れてしまったら、PFDを着用せずに海に出るなんて言うバカげたことは絶対にしないようにしてください。

 

さて、PFDには様々な種類のものが販売されています。自動膨張式のものや固形の浮力体が内蔵されたものなど。シーカヤックをしている人と出会うと、ほとんどの人が浮力体内臓のものを着用されています。自動膨張式のものと比べて安価であること、取扱いに気を使う必要が無いことがメリットとして考えられます。自動膨張式の場合は、漕ぐときに邪魔にならない、折りたたんでしまえばコンパクトに持ち運びができるなど、メリットも多いですが、取扱いに慎重になる必要があります。万が一パンクしてしまうと命取りになってしまうという、可能性としては低いですが大きなデメリットがあります。

運悪くカヤックから離れてしまった場合、PFDを着用していると泳がなくても水面に頭を出しておくことができます。また、背を丸めてヘルプポジションを取ることで、低体温症になるリスクを減らすことができます。

PFDの浮力は体重の10%以上あるものを選びましょう。カヤック用として市販されているものは7~7.5kgの物が多いようです。体重が70kg以上ある人(私も)は浮力の大きいものを選びましょう。また、PFDは浮力体が潰れてしまったり経年劣化で浮力が減るので消耗品として割り切って、何年かおきに買いなおすようにしましょう。

PFDにはポケットのついたものや、ライトやナイフを挟んでおくホルダーのついたもの、クイックリリースベルトが取り付けられるものなど、があります。自分の用途に合わせて選んで下さい。

 




公開日: