夜景が綺麗!日の出や雲海も!伊吹山ナイトハイク

2020年の8月29日に伊吹山ナイトハイクに行ってきました。

伊吹山は滋賀県最高峰の山で、1,377mの高さを誇ります。日本百名山にも選ばれている山です。

この夏の暑さでは、昼間の登山も厳しいので、涼しい夜に登って朝には下山する「ナイトハイク」をやってみることになりました。

この時期の伊吹山はナイトハイクが人気だそうで、一度行ってみたいという思いもあって、伊吹山に決めました。


今回のルート

伊吹山登山口から山頂までの往復ルートです。

午前1時に集合して、一時半から登山開始しました。頂上まで3時間弱でした。


装備

8月末、気温は高め。しかし夜間であることと、山頂は1200mあるので寒さ対策は必要

ウェアリング

メッシュ帽子・サングラス・長袖Tシャツ・短パン・5本指靴下・トレランシューズ・ウィンドブレーカー

持ち物

22Lザック・サコッシュ・ココヘリ・スマホ・時計・バッテリー・着替え(Tシャツ)・ティッシュ・ビニール袋・手ぬぐい・ヘッドライト・乾電池・応急セット・カッパ上・財布・自撮り棒・ホイッスル・CATEYE VOLT800

キャメルバッグ(スポドリ2L)・水500ml・カロリーメイト2本・おにぎり2個・サンドイッチ1個・ビスケット8個


登山口~8合目

自家用車を駐車場に止めたら、駐車場の脇にある料金箱に車のナンバーを書いた紙とお金を入れておきます。

おしゃべりしながらのスタートです。

ヘッドライトの代わりに、自転車用のCATEYE VOLT 800 をザックに取り付けてみたら、かなりヤバい光量でした。

眩しすぎ~~~


んなわけで、足元を照らすにはパナのネックライトにしました。



登山口から1合目までは意外に長い。

樹林帯の中を歩きますが、岩がゴロゴロして足元もあんまり良くないので微妙に疲れました。


一合目を過ぎると、周りに木はほとんど無くなりますが、何も見えません。

2合目に着いたときは、何気に疲れが出てきた。


2合目を過ぎてしばらくして、ふと左側を見ると夜景が!!

こりゃおったまげ!!いい感じじゃないですか!


3合目 ここまでは余裕。


3合目を過ぎたあたりから、坂がキツくなってきた。。。

4合目で距離的には半分来たことになる。ってことは。。。


ご、五号目 疲れた。。。ここには自販機があって販売中!嬉しいですね。


おほほ~~!美しき夜景! これは頂上付近では凄いことになりそう!


頑張って登るぞイ!


ふぃ~~!山頂まで900m


ガ!ガスガス!!夜景がぁ~~~


山頂

なぜか9合目の看板を見失い、山頂に到着しました。w

山頂付近にはトイレと売店がありますが、売店は夜間のため閉店中。

トイレは使えます。

そして天気はもう、ガスガスのガスガス!


雨まで降ってきて寒くなってきた~

一緒に登ったお友達が湯を沸かしてスープを作ってくれました。


雨も止んで、そろそろ日の出かな。

山頂の東側へと、日の出を拝むべくスタンバイに歩いて行きます。


西方を見ると、夜景というか街の灯りが綺麗だ


雲は下の方にモクモクとたくさんあります。


三角点


日の出の時間になりましたが、雲海で朝日は見えず。


うっすらと東方にオレンジ色の朝焼け。

そして、雲海


これはこれで、神秘的で綺麗!!


あっちもこっちも雲!雲!雲!


足元よりずっと下の方に雲が動いていて、不思議な感じです。

綺麗だったぁ~~

良かったぁ~



すっかり日が登りましたので、そろそろ下山します。


夜とは全く違う世界を見ながら、下山していくのもまた新鮮。

一粒で二度おいしい的なナイトハイク。


1合目まで下りてくると、茶店も開店していたので、みんなでかき氷をいただきました。


まとめ

伊吹山のナイトハイク。いかがでしたか。

真夏は木陰になる場所も無い伊吹山の登山道ですが、夜なら暑さもそれほどではなく快適な登山を楽しめました。

登山者は意外にも多くて、登山中も他のグループのライトが動いているのを多く見かけました。

それだけ人気なんですね。

夜間歩くので、ヘッドライトは各自必ず必要ですし、山頂で待機しているときは真夏でも寒い事がありますから、上着は必ず必要だと思います。

登山中はヘッドライトに虫が集まってくるので、頭に被る防虫ネットがあると良いと思いました。

それから、頂上でブヨに刺されまくったので、長ズボンや虫よけスプレーが必須かと。



以上、「夜景が綺麗!日の出や雲海も!伊吹山ナイトハイク」でした。