パーコレーターを改造して、キャンプの焚き火で使えるケトルにしてみた。

各メーカーから販売されている、山用のケトルが便利なんでしょうが、僕はパーコレーターの形が気に入っていて、ずっとこれを愛用していました。

焚き火にさらされて、透明なプラスチック製のつまみ部分が焦げたり、溶けたりしています。

このままでも良いのですが、なんだか気を使うので、思い切って改造することにしました。

【広告】

 

たき火で湯沸かしに使うパーコレーター

私の湯沸かしは、荷物が多く持てるカヤックキャンプやデイキャンプの時は、主にパーコレーターを使っています。

f:id:werty852z:20190116212731j:plain

コーヒー豆を入れて使う事は無くて、主に湯沸かしです。ワイルドなカヤックキャンプでの砂浜でのたき火で、そのまま火につっこんで湯を沸かす時には、山用の平べったいケトルよりも、背が高いパーコレーターの方が使いやすい気がします。

焚火台を使うケースでは、スノーピークの焚火台とパーコレーターを使います。以下の記事ではスノーピークの焚火台での焚火を紹介しています。

設営と片付が超簡単!スノーピーク の 焚火台 S で、休日にプチ焚火を楽しんでみた。

ちなみに、荷物を少なくしたいときはスノーピークのマグカップを利用しています。

超軽量!自作アルコールバーナーで散歩用コーヒーセットを作りました。

さて、本題のパーコレーターなんですが、下の写真のように、透明なプラスチック製のつまみ部分が焦げたり、溶けたりしてしまいました。たき火の火力によっては、目を離したときに、うっかり火があたってしまうとこんな風になってしまうんですね。

f:id:werty852z:20190116201512j:plain

f:id:werty852z:20190116201452j:plain

ずいぶんとやってしまった感がありますが、使えないわけではありません。でも、見た目がお粗末ですよね。

プチ改造

今回の改造は、プラスチック製のつまみを取っ払って、ステンレスのワッシャーとボルトで塞いでしまうという荒業です。

まずは、プラスチック製のつまみを反時計回りに回して取り外します。

ノギスで測ると、穴の直径は32mmでした。

f:id:werty852z:20190116201455j:plain

ネジになっているので、裏側はこのようになっています。

f:id:werty852z:20190116201459j:plain

穴をふさぐために、直径40mmのステンレス製ワッシャーとボルトを用意しました。

2枚のワッシャーでフタの表と裏側から穴を挟み込んで、ボルトでワッシャーを固定するだけです。

f:id:werty852z:20190116201502j:plain

フタのネジ部分を金槌でたたいて平らにして、、、

f:id:werty852z:20190116201506j:plain

ワッシャーで挟んでボルト留めして完成です!

f:id:werty852z:20190116201509j:plain

これで、たき火の時に余計な気を使わなくて済みそうです。

私が愛用しているキャプテンスタッグのパーコレーターはこちらから購入できます。

以上、「パーコレーターを改造して、キャンプの焚き火で使えるケトルにしてみた。」でした。

【広告】