キャンプ初心者必見!快適な眠りを手に入れるためのおすすめ枕3選

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは。いつも寝つきが悪くて、キャンプで寝られないスクロールです。

キャンプ初心者の方は、初めてのキャンプで快適に眠れるか不安に感じることがあるかもしれません。私も以前はキャンプでの寝心地に悩まされていました。

そこで今回は、キャンプで快適な眠りを手に入れるためのおすすめ枕3選をご紹介します。寝つきの悪さでは誰にも負けない私の経験から、キャンプでの眠りに悩む方々の参考になること間違いなしです!

目次

エア枕:軽くてコンパクト!持ち運びが便利な携帯枕

携帯枕といえば、エア枕が一番ポピュラーです。空気で膨らますため、未使用時は小さくなり、軽いので持ち運びに最適です。

しっかり空気を入れれば、まずまずの使い心地が得られます。しかし、パンクしやすく、反発が強すぎるため、寝づらくなることもあります。

キャンプで使用する場合は、ボヨンボヨンしていて、朝起きたらどこかに行ってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

また、膨らませる際に手間がかかり、折りたたむ際には空気を抜く必要があります。

おすすめのエア枕として、イスカのノンスリップエアピローがあります。コンパクトながら、滑りにくく、快適な寝心地を提供してくれます。

 

自動インフレータ枕(自動膨張・多少のクッション性)

快適な眠りを手軽に手に入れたい方には、自動インフレータ枕がおすすめです。このタイプの枕は、中にウレタンやスポンジが入っており、バルブを開けるだけで自動的にエアーが入って膨らみます。

自動膨張機能が付いているため、手動で空気を入れる手間がなく、手軽に快適な枕を手に入れることができます。ただし、自分の好みに合わせて硬さを調整するために、最後に自分で息を吹き込む必要があります。

未使用時は、エア枕よりもやや大きめで、重量もあるため、持ち運びには少し注意が必要です。おすすめの自動インフレータ枕は、NEMO EquipmentのFillo Elite Pillowです。程よいクッション性で、快適な寝心地を提供してくれます。

 

フォーム入り枕(寝心地重視)

快適な寝心地を重視するなら、自宅で使う枕と同じくらいの寝心地があるフォーム入り枕がおすすめです。

エア枕や自動インフレータ枕と違って、空気を入れる必要がなく、広げてすぐに使えます。丸めて収納するだけで簡単に持ち運べます。

さらに、寝心地は抜群で、キャンプでも快適な眠りを提供してくれます。

ただし、未使用時には嵩張るため、スペースを取ります。また、他の枕に比べて重さがあるので、持ち運びには注意が必要です。

 

快適な眠りを追求するなら!サーマレスト・コンプレッシブルピローシンチがおすすめ!

僕が今回に購入したのは、サーマレストのコンプレッシブルピローシンチ(レギュラーサイズ)です。

こちらの枕はS、R、Lの3サイズ展開で、それぞれ以下のようになっています。

サイズSRL
重量198g255g340g
寸法30×41×10cm36×46×10cm41×58×10cm
出典:株式会社モチヅキ

生産国 Made in USA

おすすめのポイント

自動インフレータ枕とほぼ同じ重量で、収納時のサイズも思ったほど大きくなく、コンプレッションバッグに入れて圧縮すれば、かなり小さくなることがわかりました。

しかし、一番の決め手は寝心地です。枕の中には、マット製造時に出た端切れを詰め込んであり、頭を乗せると存在感が伝わってきます。適度な反発力があり、しっかりと頭をサポートしている感があります。横向きで寝ても心地よく、今まで使っていたエア枕やスタッフサック枕とは別世界の寝心地です。

このサーマレスト・コンプレッシブルピローシンチを使えば、寝付きの悪い人でもさっと寝つけて、朝までぐっすりと眠ることができるでしょう。

レギュラーサイズ(R)は、広げた時には下の写真の大きさです。

サーマレスト・コンプレッシブルピローシンチR

 
枕を裏返すと、ドローコードが付いており、このコードを引っ張ると枕が絞り込まれ、自分好みの硬さに調整できる素晴らしい機能があります。これは、自分の寝心地に合わせて調整できるので、より快適な睡眠ができますね。

 
こちらはサーマレスト・コンプレッシブルピローシンチを収納した状態です。手で押してみると、まだまだ小さくできそうなので、コンプレッションバッグに入れて圧縮すれば、さらに小さくなると思われます。持ち運びにも便利で、アウトドアや旅行にもぴったりです。


この素晴らしい枕を使って、あなたも快適なアウトドア体験を楽しんでみませんか?
ぜひ、サーマレスト・コンプレッシブルピローシンチを手に入れましょう!

番外編 スタッフサック枕(大きさ、重さゼロ)

単にスタッフサックに衣類を詰め込んで、枕がわりに使う方法です。

以前はエア枕か、このスタッフサック枕を使っていました。(サーマレストの枕を知らなかったので)中の衣類の量がすくないとき機能しないし、衣類には反発力がないので、朝になるとぺちゃんこになっていました。

寝心地を重視するなら、スタッフサック枕はあまりおすすめできません。サーマレストのような高品質な枕を試してみることをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次