SEARCH

「シーカヤック」の検索結果62件

  • 2017年10月30日
  • 2019年3月19日

高級コンデジを海で使う:SONY DSC-RX100 + 防水ハウジング

防水ハウジングがあれば、高級コンデジのRX100を海で使うことができるんです。 そして、シーカヤッキングだけでなく、水中での撮影もバッチリです。 デジカメは消耗品? OLYMPUS Tough TG-820 の故障 高級コンデジを海で使う (1)SO […]

  • 2017年10月16日
  • 2019年3月19日

シーカヤック琵琶湖に浮かぶ大鳥居:白髭神社 2017.09.30.-10.01.

琵琶湖はウィンドウサーフィンでも有名なほど風が吹く湖で、毎年のようにカヤックが遭難する事故が発生する場所です。天気予報を良く見て、また、天候の急変に注意してカヤッキングを楽しみましょう。 そして、琵琶湖は桜の季節は海津大崎の花見漕ぎ、島渡りや沖の白石 […]

  • 2017年10月16日
  • 2019年3月19日

シーカヤックで行く島勝の海食洞門:天満洞(てんまどう)2017.08.13.

熊野灘に面した紀伊長島は太平洋からのうねりが直接入るフィールドだ。今回は古里海水浴場の近くにある浜から出艇して、三重県の文化財に指定されている天満洞に向かう。 今回カヤックを出す場所は砂利の浜となっていて、車を止めた場所からは少し歩くこととなる。しか […]

  • 2017年3月26日
  • 2019年3月19日

お花見!?西伊豆でシーカヤックのキャンプツーリング

2017年3月某日。南伊豆でお花見をしながらのキャンプツーリングに行くことになった。伊豆に行くのは初めての事なので楽しみだったが、天気予報は風の吹く予報。3月はやっぱり風が吹くのね。どうなる事やら。 その他のお花見イベントは以下の記事にて。 湖上に映 […]

  • 2016年8月17日
  • 2019年3月20日

シーカヤックのハッチカバーに紛失防止対策を施す

シーカヤックでツーリングに出かけ、たとえば無人島の浜でくつろいだ後に、もしも、カヤックのハッチカバーが無くなっていたら、どうしますか? シーカヤックはハッチカバーがなくなると、ハッチ内に水が浸水して漕ぐことができなくなります。 出先で偶然にも風で飛ば […]

  • 2016年6月4日
  • 2019年3月20日

カヤックジャンボリー2016.6.4-5.

曇天のジャンボリー kayak誌jamboree2016に参加してきました。2013年に参加して以来、開催地が遠くて参加していませんでしたが、今回は紀伊長島ということで嬉しい気持ちで申し込みました。計画では孫太郎キャンプ場に集合し、そこから座佐浜まで […]

  • 2016年4月9日
  • 2019年3月3日

桜満開!シーカヤックで行く近江八幡水郷めぐり

近江八幡の水郷めぐりと言えば手漕ぎの遊覧船ですが、カヤックで回る人も結構いるようです。そこで今回はシーカヤックで水郷めぐりをするというイベントに参加してきました。 言い出しっぺは僕なのですが、結果的にはびんさんに色々と仕切ってもらいました。しかもカヤ […]

  • 2016年3月12日
  • 2019年3月20日

シーカヤック・2016.03.12 初漕ぎ りんくう漕ぎ

今年の初漕ぎはりんくうビーチから出艇してセントレア一周です。 三河湾を漕ぐ予定だったけど、諸事情により急きょりんくうビーチに変更になりました。メンバーは右からびんさん、マチャさん、僕、テツヤさん。(びんさん撮影) 気温・水温が低いのと久しぶりの漕ぎな […]

  • 2016年1月1日
  • 2019年3月20日

2015.12.27-31 シーカヤック・志摩で漕ぎ納め

今年の漕ぎ納めは癒しの空間「アルガフォレスト」さんに行ってきました。 --- 27日 --- 28日から行く予定でしたが、待ち切れずに27日の昼過ぎに家を出て夕方には御座白浜に到着。 強風の御座白浜 御座白浜に到着すると風がビュンビュンと吹いています […]

  • 2015年11月30日
  • 2019年3月20日

中国製の超軽量コット(1.4kg)

以前にシーカヤックツーリングで見たことのあるサーマレストのコットに憧れていたものの、良いお値段がするそのコットは買えずにいましたが、似たような中国製のコットがアマゾンで販売されていたので、思わずポチッとしてしまいました。 超軽量のコット(1.4kg) […]

  • 2015年10月21日
  • 2019年3月3日

プロから教えてもらった、キャンプの必需品

キャンプと言えば焚火ですね。焚火の燃料に薪を持って行ったり、キャンプ場で薪を買ったりする場合は、丈夫なナイフか、鉈が一丁あれば事足ります。 でも、シーカヤックで行くキャンプの場合の焚火はほとんどが流木を使います。そんなとき、シルキーゴムボーイが大活躍します。