CATEGORY

アイテム/パーツ類

  • 2015年5月16日
  • 2019年3月21日

超簡単な輪行バッグ自作

サイクリングというかポタリングに行くとき、スタミナ切れでヒイヒイ言いながらの帰り道はしんどいのです。 ダホン専用の輪行バッグは5000円くらいなので、買えば良いんですけど、いやいや、やっぱり自分で工夫する楽しみもあるだろうと、折り畳み自転車用の輪行バ […]

  • 2015年5月8日
  • 2019年3月21日

自作(DIY)簡単・低予算のフォールディング・テーブル

今回は、ゆったりしたチェアに合う低めのフォールディング・テーブルの自作についてのご紹介をしたいと思います。 愛用チェアにぴったりのテーブルがほしい 長年愛用している Ogawaチェア にぴったりサイズの、低くて小さめなテーブルが欲しくて、ネットをウロ […]

  • 2015年4月21日
  • 2019年3月21日

ダイソーランチカバー(改)コンパクトクーラーバッグ

「天気のいい日に公園まで歩いて行って、木陰でくつろぎビールを一杯飲んで昼寝。」 こんな事を夢見てたら、小さいクーラーボックスが欲しくなってきました。 近くにあるカインズホームに行くと、5Lサイズのものが600円くらいで売っていましたが、自分のほしいサ […]

  • 2015年4月18日
  • 2019年3月21日

ソト(SOTO) ミニポップアップテーブル フィールドホッパー ST-630をぐにゃりと曲がらないようにする方法

今まではキャプテンスタッグのアルミロールテーブルを使っていました。 値段が安いし、カヤックやオートキャンプでは問題ない大きさです。  (重さ:約700g) しかも耐荷重30kg! 横のプラスチック部品が外れてしまうのがチョット気になりますが、超人気商 […]

  • 2015年3月31日

ものすごく遠くまで良く見えるようになるという、Eagle Eyes サングラス / アポロゴールド ルミノソ

イーグルアイ 【広告】 イーグルアイ Kayak誌vol47を読んでいたら、こんな記事があった。 それは、目を守るサングラスについてだ。なんでも人の目はいつかは白内障になってしまう運命だけれども、サングラスをして目を保護することで白内障になるのを遅ら […]

  • 2014年9月26日
  • 2019年3月3日

VARGO(バーゴ) チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ

先日、トランギアのアルコールバーナーを買ってきました。それは、Solo Stoveにピッタンコだったからですが、今度はトランギアにぴったりなこちらをポチリ。 まるで”しりとり”のような買い物になってしまいました。 バーゴ チタニウム ヘキサゴンウッド […]

  • 2014年7月10日
  • 2019年3月21日

パールイズミ・幅だけ大きめ!サイクリング用ジャージ

先日注文したサイクリング用ジャージ、「幅だけ大きめ」が届いたので、レポートします。 パールイズミ サイクルジャージはいろいろなメーカーから発売されていますが、評判の良いパールイズミの生地が気に入っています。 汗の吸収や蒸発にとても優れていて、着心地も […]

  • 2014年3月16日
  • 2019年3月21日

プライベートビーチでまったりソロストーブ

本日の現場はここです。 木曽三川公園から少し北上したところのプライベートビーチ。僕以外に誰も居ません。 さて、ここで、さっそくソロストーブの準備をして、 お湯を沸かします。本日はカップめんを食べるためマグカップに満タンの水を入れて自作の木製フタで沸騰 […]

  • 2014年2月23日
  • 2019年3月21日

solo stove ソロストーブ

久しぶりに外に出た。気分も落ち込み気味なので一人でひっそりと焚火でもしてみよう。 さて、嫌なことが続きカラータイマーがレッドで点滅するとともにアマゾンで衝動的にポチッてしまったのがこちらのソロストーブです。 Solo Stove ソロストーブ pos […]

  • 2013年10月26日

キャンプ用ピロー 低反発チップまくら

会社と自宅の往復ばかりしているとストレスが溜まるので会社帰りにスポーツデポに寄り道した。 メイフライチェアはせっかく買ったので自宅でも使っているのだけれど、さらにリラックスするにはマクラかクッションが欲しいと思っていた。ネットをフラフラしているとモン […]

  • 2013年10月22日
  • 2019年3月21日

小さくてもすごいヤツ! イワタニ カセットガス ジュニアバーナー

シーカヤックでツーリングに行ったときに、お湯を沸かしたり調理をするには、焚火でもいいけれど、やはりガスバーナーが必要です。 そんな時に、トレッキング用の高価なガスバーナーを持っていくとすると、”もし海水で水没したら”という不安と、ランニングコストが高 […]