CATEGORY

アイテム/パーツ類

  • 2016年8月30日
  • 2019年3月3日

OAKLEY(オークリー) のサングラスが凄いわけ

アウトドアのアクティビティで特に気をつけたいのは目の保護ですね。紫外線をたくさん浴びると白内障になる危険度が高まるそうです。ですから、特に日差しが強いときはUVカット効果のあるレンズを使ったサングラスをかける、つばの広い帽子を被る、といった対策が必要 […]

  • 2016年7月24日
  • 2019年3月20日

驚くほどの切れ味に復活:ナイフの研ぎ器(ウォーターシャープナー)

ウォーターシャープナー 切れない刃物ほど危ないものはない。”木を切るに忙しく、斧を見ず” とはよく言ったもので、刃物のお手入れは疎かになっていませんか??自宅の包丁もそうですが、キャンプ用の包丁やナイフ類、そしてハサミなども。 僕はずーっと前から欲し […]

  • 2016年5月28日

Lamzac Hangout(画期的なエアーソファー)

去年くらいにこんなエアーソファーを見て、すっげー欲しくなった。 動画はこちら↓ なんとなーく、アマゾンで検索してみると、本家は見当たらないけどパチモンがウジャウウジャある。すごいね中国のパワー。本家もアマゾンで売ればいいのに。

  • 2016年4月22日
  • 2019年3月20日

ウェアラブルカメラ HDR-AS200VR

悩みに悩んだ末、結局は旧型のHDR-AS200VRにしました。そもそも価格差が少ないのが悩みの元だった。決め手はやはり本体防滴とテレビに接続できる点です。まあ好みの問題ですけどね。なお、ビックカメラの店員さんの説明によりますと、画質や音質はほぼ同じで […]

  • 2016年2月19日

【超軽量】ヘッデン 34g

今までのヘッデンはジェントスの明るーいものでしたが、電池込重量は130g+予備電池(単四が3本)で結構な重さでした。 そして、今度のヘッデンは、電池込重量は34g+予備電池(ボタン電池が2個)なので重さは1/4くらいになります。しかもIPX6の防水性 […]

  • 2016年2月15日
  • 2019年3月3日

【超軽量】ウルトラ・ライトなアイテムあれこれ

ウルトラライトなキャンプ道具をまとめてみました。持っているアイテムもあるが無いものも多い。 【ストーブ】固形燃料 メリットは故障に強い。メンテ不要。燃料をこぼすという事もない。 デメリットは火力が弱く風にも弱い。また燃料が高い。 ESBIT エスビッ […]

  • 2015年11月30日
  • 2019年3月20日

中国製の超軽量コット(1.4kg)

以前にシーカヤックツーリングで見たことのあるサーマレストのコットに憧れていたものの、良いお値段がするそのコットは買えずにいましたが、似たような中国製のコットがアマゾンで販売されていたので、思わずポチッとしてしまいました。 超軽量のコット(1.4kg) […]

  • 2015年11月12日

【軽量化】クラッシャブル ランタン シェード

キャンプに行くときはヘッドライトと小さいランタンの両方を持っていく事が多い。 カヤック旅の場合は重さや大きさはあんまり気にしないで良いのだけれど歩いてキャンプに行くとなるとやっぱり何とか軽量化したいと思う。 そこで前から気になっていたモンベルの「クラ […]

  • 2015年10月25日
  • 2019年3月3日

秋!焚火の良い季節なので・・・焚火台を新調しました。

基本的に直火でしか焚火をしてこなかったので焚火台には全然興味がなかったけれどもこの頃は急に焚火台熱が盛り上がってきた。近場で焚火をしようとしたら焚火台が無いとできない。 そして先々週のビワイチでマチャさんが持ってきたスノーピーク焚火台Mがとても暖かく […]

  • 2015年10月21日
  • 2019年3月3日

プロから教えてもらった、キャンプの必需品

キャンプと言えば焚火ですね。焚火の燃料に薪を持って行ったり、キャンプ場で薪を買ったりする場合は、丈夫なナイフか、鉈が一丁あれば事足ります。 でも、シーカヤックで行くキャンプの場合の焚火はほとんどが流木を使います。そんなとき、シルキーゴムボーイが大活躍します。

  • 2015年5月26日
  • 2019年3月21日

輪行コロコロ袋自作(改良版)

前回作成した輪行袋はかさばる上に袋とじがヒモだったためはっきり言って使いづらかった。 コロコロできるように台車も取り付けたがイマイチだったのでそれも改良。 –改良点– (1)前回はターポリンシートで作成したが今回は家にあった自 […]