パドリングウェア

パドリングウェア

基本的に化繊またはウールのスポーツウェアで良いでしょう。時期を問わず綿製品は濡れてしまうと乾きが悪く、体温を奪ってしまうので避けるようにします。

夏場であれば、水着にTシャツまたはラッシュガードというスタイルでも良いでしょう。

寒い季節でも、スプレースカートがきちんとつけられて、防風・防水性のある上着があればそれほど寒くはありません。(パドリングという運動をしているので)
しかし、上陸してカヤックから出たときには体が冷える事があるので、防寒用の上着などは別で用意しておいた方が良いでしょう。

転覆(沈)するような危険性があるときは、ウェットスーツやドライスーツを着用した方が良いです。ウェットスーツは含んだ水分が体温で温められ、体温を維持することができます素材の厚さによって維持できる時間が異なります。ドライスーツはビニール素材でできていて首、手首にラテックス性の防水シールが取り付けられており、ウェットスーツとは逆にスーツ内に水が入らないようになっていて中は乾いた状態になります。保温力はスーツ内に着るウェアで調節します。

寒い時期にはドライスーツを着ているカヤッカーが多いようです。ドライスーツのメリットとして、中が乾いているのでウェットスーツと比べて快適だし、上陸後もスーツを脱ぐだけで、体を拭いたり着替えたりする手間もありません。しかし、天気が良くて日が照っていると暑くて中はサウナのような状態になってしまうこともあります。

ボギー、グローブ

冷たい水の中でパドリングをするときにはボギーまたはグローブが必要になります。ボギーは手の外側をカバーするようなミトンのようなもので、手のひら側に空いた穴から指を出すことができるようになっています。そのため、ちょっとした作業の時でもグローブのように脱着する手間が少ないです。

帽子

風や日光を避けるためにも、ぜひとも帽子をかぶるようにしましょう。冬季は風、夏場は日光を避けるために着用します。海上で熱中症や発熱を予防するためにも帽子は必需品です。

ヘルメット

サーフやロックガーデンを漕ぐ場合はしっかりとしたヘルメットを着用しましょう。長期のカヤッキングで激しいサーフが予想されるのであれば、スターンにヘルメットを装備しておくなどして出かけます。

シューズ

ネオプレーン製でソールが固いものが良いでしょう。海ではごつごつした岩や貝殻などがあり、固いソールのものであれば怪我をしにくくなります。また、ネオプレーン製のシューズを素足に履くと、とんでもない悪臭を放つ場合があるので、悪臭予防のため靴下(薄手の物で良い)を履くようにしよう。

 




公開日: