サングラス

必ず必要なサングラス

シーカヤッキングでは必ずサングラスをするようにします。直射日光から目を保護することはもちろん、海底にある岩と接触する危険を回避するためにも必要となります。

海は紫外線が強い

当たり前ですが、海は周りに何もない事や海面からの反射により紫外線が物凄く多い。カヤックを漕いでいると上からの日光はもちろん、波間に反射する日光がギラギラとまぶしいものです。かといってサングラスをするとせっかくの景色が色が変わって見えてしまうのも勿体ないとも思えますね。

紫外線の影響

人間は年を取るとだれでも白内障になるそうですが、紫外線を多く浴びると白内障になる時期が早まるそうです。また、疲労やシミの原因にもなります。目に多くの紫外線を受けると、脳からメラニンを作るための指令が体にされることで、シミやそばかすが多くなるそうです。
ですから目を紫外線から守ることはとても重要なのです。

偏光レンズ

当たり前ですが、紫外線対策にはサングラスを着用します。UVカット機能のあるものが当然ですが、おすすめは編光レンズのサングラスです。偏光レンズというのは光の乱反射を特殊なフィルターで透過しないようにするようになったものです。カヤッキングでは通常の船舶では航行できないような浅場や岩場を漕ぐことがありますから、カヤックの底を岩で擦ってしまうこともあります。乱反射を抑えた偏光サングラスを着用すると、海底がある程度くっきりと見えるようになるため、そのようなトラブル回避をすることができるようになります。

おすすめのサングラス

偏光レンズは日本のTALEX社製のものもおすすめです。TALEX社レンズ取扱いのメガネ店で作ってみてはいかがでしょうか。TALEX社はフィッシングプロの間では有名な偏光レンズメーカーですね。

他にはオークリーの偏光レンズも性能が良いことで有名です。プラスチック製のフレームにすべりにくい特殊なゴム素材がついていますのでかけ心地が良いです。

また、プロカヤッカーの間で性能にお墨付きがあるのが、イーグルアイズのサングラスです。こちらのサングラスは鷹の目を研究して開発されたもので、NASAからも認定されています。カヤッカーの間では、「このサングラスをしている人が一番最初に島を見つける」と言われるほどの視認性の良さです。
私も使っていますが、黄色いレンズの世界観は慣れが必要で、しかし、目が良くなったように物の輪郭がくっきりと映し出され、赤や緑が鮮やかに浮かび上がって見えるようになります。

イーグルアイズサングラス




公開日: