シーカヤック

シーカヤックは、湖、湾、海などの広大な水面を漕ぐために開発されたカヤックです。 その形状はクローズドデッキでスプレースカートによってコックピットを密閉するようにした丈夫で細長い形のボートです。 リバーカヤックよりも高い巡航速度、貨物容量、直線的なパドリングの容易さを備え、長期のカヤック旅行も快適に行うことができます。

シーカヤックは、1〜3人のパドラーとキャンプ用ギア、食べ物、水、その他の物を入れるスペースを備えているので、数時間から数週間の海旅のために世界中で使用されています。 シーカヤックは通常、ソロでは10〜15フィート(3.0〜5.5メートル)、タンデムは最大26フィート(7.9メートル)の範囲です。 幅は21インチ(53cm)ほどで、最大91cm(36インチ)です。

シーカヤックの起源

現代のカヤックは、その起源をアラスカ、カナダ北部、グリーンランドだと考えられます。 エスキモーのハンターは、狩りをするために速い船が必要でした。シーカヤックの最も初期のモデルは軽い木製のフレーム(腱と紐で結ばれている)から造られ、アシカやアザラシの皮で覆われていました。 考古学者は、カヤックは少なくとも4000年前から存在していることを示す証拠を見つけたそうです。


シーカヤックの種類

現代のシーカヤックは、様々な用途に合うように、様々な材料、デザイン、およびサイズで作られています。シーカヤックでは、デザインは主に伝統的なラインに沿って作られていますが、おもな違いは、リジッドカヤックとフォールディングカヤックの区別です。フォールディングカヤックはいくつかの点でネイティブの人々が使用するスキン・オン・フレームのカヤックに似ています。

フォールディングカヤックは、フレームにアルミニウムやカーボン素材などを使用し、アザラシの皮の代わりに合成防水布を使用しています。ネイティブのカヤックとは異なり、フォールディングカヤックは簡単に分解してパッキングして持ち運ぶことができます。多くのフォールディングカヤックには、二次安定性があり転覆を防止するのに役立つ膨張式のスポンソンが取り付けられています。より最近では、インフレータブル式のフォールディングカヤックも販売されています。

リジッド・シー・カヤックは、FRPやカーボン、ポリエチレンなどから作られており重量はありますが、内部フレームの必要性がなく、フォールディングカヤックに比べて巡航速度が速いものがあります。

レクリエーション用カヤック - 湾内などの静かな水域を対象とした幅広で大きなコックピットを備えたカヤック。

シット・オン・トップ・カヤック は、コーミングに囲まれたコックピットがなく、船の上に座って操作するタイプのカヤック。

サーフスキーは、サーフや波に乗って使用することを意図した固有の安定性の低い細長いボートです。




公開日: