超小型で火力もバッチリ!自作アルコールストーブの作り方を解説します。

      2018/03/08

超定番の"ウコンの力"の空き容器で作るアルコールストーブです。
その簡単バージョンで、しかも火力は大火力なアルコールストーブの作り方を解説します。

作り方

作り方はものすごく簡単です。”ウコンの力”の空き容器を半分に切って、穴を開けるだけです。

(1)材料と道具

材料は、”ウコンの力”の空き容器がひとつあればOKです。
道具は、カッターナイフと穴あけパンチです。

下の写真はダイソーで買ってきた100円の穴あけパンチです。

(2)容器を半分にカットする

”ウコンの力”の空き容器を適当な高さで半分にカットします。

写真のようにカッターナイフを適当な高さの物の上に固定して、容器をカッターの刃に押し付けながら、くるくると回します。

これを何回転かしてやると、容器が真っ二つになります。

使うのは下の容器だけです。

(3)穴を開けて完成

ダイソーで100円で買ってきた穴あけパンチで、下の写真のように容器に穴をあけます。

これで出来上がりです。

意外と大火力!

出来上がったアルコールストーブに少量のアルコールを入れて、着火します。
すると、
はい、この通りの大火力ですヨ!!

 

水を一杯に入れたスノピマグ450を乗せると、下の写真のように、下の穴からも火が噴き出してくれます。

しかも、このアルコールストーブは、ゴトクも必要ありません。

固定する台座

屋外で、特に砂浜などで使用する際に、ひっくり返らないように、固定する台座も作ってみました。
ジャムの蓋に横からドリルで3mmの穴をあけ、手ネジを付けただけです。

ネジを回して締め付けることでバーナーを固定します。

超軽量の風防

同じく、屋外で使用する際の風よけを作成しました。こちらは、0.1 mm の アルミ板を長方形に切って、クリップで留めただけです。これで十分に風をよけることができます。

超コンパクトな湯沸かしセット

上記で作った、バーナー、風よけ、マグカップ、をまとめると、超コンパクトな湯沸かしセットになります。

(1)風防を丸めてアルコールストーブに突っ込んで・・・・・

(2)アルコールストーブをスノーピークのマグカップにスタッキングすると、あとはチャッカマンと小さい空ペットボトル(明治のR-1とか)に入れたアルコール燃料だけあればお湯が沸かせます。これで、かなり軽量かつ嵩張らずに持ち運びができます。

上の写真では、スノーピークのマグ300を450にスタッキングして、その中にアルコールストーブと風よけを入れています。
※スノーピークのマグ300を450にスタッキングすると擦れて嫌だという人もいますけど僕は気にしないので。




 - アイテム, キャンプ, バーナー_ストーブ, 自作