快適安眠:Voyager Cot ボイジャーコット

      2018/03/08

※2013年06月29日 の記事に加筆修正したものです。

Voyager Cot ボイジャーコット

快速旅団から荷物が届きました。

先日のゴロタ石浜のキャンプで、腰痛の危機にさらされた弱虫な私ですが、サーマレストのコットを購入する経済力もなく、ネットをうろつく事、数日。 そして今のフォームマットとサイズ的に変わらないコットを見つけたのであった。 その名もVoyager Cot ボイジャーコット。ネットでの評判はかなり良い。
カヤックに積むには、サイズ的にもどうか気になるので、フォームマットとボイジャーコットを並べて見ました。

写真だとちょっと大きいかなぁという印象だが袋がゆるいのでカヤックに収納する場合、長さ以外はそんなに変わらないと思う。重さはそれなりにある。 そして、この熊の絵は何の意味があるのかわかんない。ダサいの丸出しで、しかも剥がせない。

袋から出すと、シート本体と足パイプが四本だけのシンプルな内容。

今はアマゾンでも取り扱っているみたい。

 

コットの組み立て

シートを広げたところです。シートにはフレーム用パイプが組み込まれています。

フレーム用パイプはこのように外れていますので、下の写真のようにはめ込みます。


そして、足パイプをはめ込んでいきます。足は四本ですが両端の2本と内側の一本はそんなに苦労することなくある程度の力を入れてはめ込むことができました。最後の一本は内側のもう片方ですが、これは結構な力と少々のコツが必要です。2回ほど組み立てて見ましたが僕はもう慣れました。

今まで愛用のフォームマットと並べてみたところの図。

上に乗せて見たら、あらまぁぴったりでは御座いませんか。(^_^;)

最後に足パイプにビニールホースを縦切りにしたものを被せて完成。(フロアの傷防止)

寝心地

肝心の寝心地ですが、そりゃもうグッドですよぉ~(*^_^*) 身長170cm体重93Kgの私が乗って、横幅ぴったりフレームにも当たらない。寝返りもなんとかできます。 パイプがしっかりしてるのでガッチリして不安感もありません。流石にネットでも好評価な一品。おすすめです。




 - アイテム, キャンプ, スリーピング