2015.07.24-25 しまなみ海道・とびしま海道サイクリング

      2018/03/03

今年の梅雨は長かった。ず~っと天気予報を眺めていて、やっと晴れたので計画していた「 しまなみ海道・とびしま海道サイクリング」に行ってきました。 予定では2泊3日でそのうち1泊はテント泊をしようとテンコ盛りの荷物を担いでのサイクリングでした。 ルートは 尾道⇒伯方島キャンプ泊⇒今治⇒フェリー⇒岡村島⇒適当なところで旅館泊⇒呉 と漠然と考えていた・・・。
ポッチャリ号で行くかロードで行くかも悩んだけど、やっぱり快適なロードで輪行。

キャンプ道具満載の
バックパック
詰め込んだ持ち物すべて
キャンプしなければこれだけで済んだ?
コンプレッションバッグは着替え。あばら骨がヒビ入っているので湿布薬は必需品

島走Bookも良かったけど、実際に走るときはこの地図だけで十分だと思う。

1日目 しまなみ海道

名古屋駅
なぜか早起きしてしまったので、6:20名古屋発のぞみ95号で出発! 福山まで新幹線で、尾道までは山陽本線で行きます。

尾道駅
8:40ごろに到着。ささっと自転車を組み立てて出発します。

尾道駅をでてすぐ右手に自転車組立場がある。

向島行渡船のりば
尾道駅から右手前方にあります。すぐ目に止まる良い場所ですね。ピストン輸送のため時刻表は無く、船がくるまでしばし待ちます。

渡船(尾道側)
なんとなく中華風な雰囲気じゃない?。乗り込むとおばちゃんが料金回収に来ますので110円払います。

渡船(向島側)尾道から数分で到着です。桟橋からちょっと進むとブルーラインがありますので、それに沿って進みます。

因島大橋
橋を渡るために結構登らなければなりません。島内は平坦な道ですが橋を渡るたびに登るのはキツイ。しかも道がクルクル回っているので下りは目が回る。そしてラッキーなことに期間限定でしまなみ海道の橋は自転車・歩行者はすべて無料でした。

因島大橋(自転車通路)
この橋だけが車道の下を通るようになっていました。独特の雰囲気を醸し出しています。

水軍城
ちょっと寄り道してみようと思ったのが間違いのモトですネ。めっちゃきっつい坂道を登って辿り着きます。この猛暑の中ではさすがに城まで登る気力は無く、ここから眺めておしまい。もっと涼しい時に来ようね。

生口橋
天気は良いけど本当に暑い。ほとんどの橋の自転車道には休憩所がありますよ。それとルートの至る所にドリンクの自販機があるので水分補給は心配なく走れました。さすが聖地。

手作りジェラートの店ドルチェ
人気№1の伯方の塩&デコポンジェラートをカップで食べました。美味しいね。このお店は観光バスでお客さんがやってくるので重なるとすごく並ばないと買えないよ。

お食事処 かねよし
瀬戸田あたりに着いたのがお昼頃だったので、あなご丼定食を食べました。さっきジェラートも食べたので欲張らずにあなご丼だけにすれば良かった。この後はお腹がパンパンで漕ぐのが辛いことになりました。(^_^;)

多々羅大橋
なんの事はない普通のつり橋ですが、途中に鳴き龍があります。

多々羅鳴き龍
ボケーっと走っていたら左側に”多々羅鳴き龍”と小さい看板がありました。橋から海面に目をやると潮流で渦を巻いていて竜のように見えます。「はーっこれが何で鳴くんだろー??」っとかアホな勘違いをしていたら右側にこの大きな看板がありました。拍子木を叩くのね。(・o・)

まぬけな動画(^_^;) 撮り直せばいいのに面倒くさがりだから・・・。


大三島の造船所
造船所が至る所にあります。本当に多いですね。

鼻栗瀬戸
この時期だからか木が生い茂っていて展望台から海面は見えません。展望台からよりも大三島橋から見た方が良いかも。

流れているのわかるかな?小潮だったからあんまし流れが分かりづらいのか。

大三島橋
ここから潮流を見ていたけど、、、。

伯方大島橋
伯方島でキャンプ泊するつもりだったけど、時間も早いし暑くて嫌だなーっと。今治のホテルを予約できたのでそのまま今治へ向かう事にしました。

ホテルの予約をしようと道端に止まってたら、ちょうど潮が流れてた。川みたい。

来島海峡大橋(自転車上り口)
自転車専用にクルクルまわる道路。これ、目が回るよね。

来島海峡大橋
ずっと緩い登り坂になっているのだ。

意外と長くてうんざり気味。どこまで続くのこの橋。しかもずっと登ってるよ。

今治の街並み
やっと今治の街並みが見えた。あと6-7キロ!!

今治駅
15:45 しまなみ海道ゴール地点の今治駅に到着。

今治アーバンホテル新館
当日予約したホテルに宿泊。朝食もついて6200円はお得かな? コインランドリーもあるし、部屋に自転車も持ち込み可能でした。快適な睡眠で疲れも取れた。そんなわけで後は酔いつぶれて寝た。

本日のルート

-------------------------------------

2日目 とびしま海道

今治から岡村までフェリー
今治から岡村まではフェリーで移動します。せきぜん渡船ですが、切符を買う所がめちゃわかりづらい。 第2第3さん橋船客待合所と小さい看板があるだけでパッと見わからんかった。愛媛汽船のビルの手前にあります。
ストリートビュー

で、始発のフェリーで行きました。8:25発。

せとうちサイクルーズPASS
自転車乗りの格好をしていたので、切符売りのおばちゃんがPASSを発行してくれました。ちょっと割引されます。大人一人と自転車で岡村まで950円だったと思う。

第3桟橋
岡村へのフェリーはこの第3桟橋から乗ります。

出発前のフェリーからは今治城が見えました。

岡村へ向けて船は進みます。途中来島海峡大橋をくぐるので迫力があります。

海から見ても本当に造船所が多いですね。

コンテナ船が行く。船の往来が激しい。

岡村港
左奥に見えるのが先ほど乗ってきたフェリー。岡村港からブルーラインにそってとびしま海道を走ります。

岡村橋
岡村港からすぐに見える岡村橋。向こうには平羅橋が見える。

岡村橋から海を見る。中央に小島が見えて雰囲気いいわ。

中の瀬戸大橋(右)と平羅橋(左)
平羅橋を渡った後、ブルーラインから逸れて島の南側ルートへ進みました。ここからは岡村橋、中の瀬戸大橋、平羅橋の三つの橋が一望できます。残念ながらカメラには収まらなかった。

大崎下島の南側ルート
御手洗の街並みを過ぎると、豊浜大橋まではずっと海沿いの平坦な道です。超快適で景色もいいから気持ちイイ!(御手洗の街並みの写真を撮るの忘れた。ここは泊りに来てもイイかも)

豊浜大橋

豊浜大橋から海を見る。天気が良いから景色もイイネ!どの橋の中央でも止まって景色に見とれてしまう。


豊島大橋


豊島大橋から海を見る

大浦トンネル(片側通行)

蒲刈大橋

であいの館
とにかく暑かったのでかき氷に飛びついた。景色を堪能しながら氷でクールダウン。

安芸灘大橋

海を見る

この橋でとびしま海道は終りです。

呉に向かう途中のトンネル(狭いので歩いた) このずっと先にある休山トンネルは整備されていて良かった。

呉に到着。自衛隊の資料館前

本日のルート

-------------------------------------

しまなみ海道は巨大な橋が見ごたえ、渡りごたえ(?)がありました。 島も広いし観光名所もあるので色んな楽しみ方ができそうでした。さすが聖地ですね。

とびしま海道は僕個人的にはこっちの方が好きかも。 小さな島を渡って、そして渡る橋からの景色が素晴らしい。サイクリングとしても車通りが少なく海沿いの平坦な道を磯の香を感じながら走るのは超気持ちイイ。




 - ツーリング記録, 自転車