秋!焚火の良い季節なので・・・焚火台を新調しました。

      2018/05/24

基本的に直火でしか焚火をしてこなかったので焚火台には全然興味がなかったけれどもこの頃は急に焚火台熱が盛り上がってきた。近場で焚火をしようとしたら焚火台が無いとできない。 そして先々週のビワイチでマチャさんが持ってきたスノーピーク焚火台Mがとても暖かくて良かったので、焚火台を見直してみた。

前回自作した焚火台は暖をとったりお湯を沸かすだけなら十分だ。だけど、燃焼効率が良すぎるのか火の番に手がかかるし調理にはあまり向いていない。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2

MONORAL(モノラル) WireFlame
軽いし、調理もできそう。だけど値段もイイネ!

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

こちらは定番中の定番品。価格も魅力的だし大きさもGood。だけどかさばるんだよネ。

スノーピーク(snow peak) 焚火台M

こちらも定番品。でも重量が4キロもあってクソ重たいんだよね。

そして届いたのが・・・

こちらのエス。中身は本体とケースだけ。

しょぼいと噂のケース。こんなのどーでもいいじゃん。

ピカピカのステンレス製です。

となりの河原で枯草とか段ボールをぶち込んで酔っぱらったまま点火してきた。
炭火が長持ち。

スノピの焚火台ってかさばらないし、使う時は開くだけ、しまう時は持ち上げるだけっというお手軽さは他では無いよ。それに薪の消費もそんなに早くないし。近所の公園のBBQコーナーでこれからの季節は焚火三昧しよう。
っというわで重量以外は納得の一品かな。

スノーピーク(snow peak) 焚火台 S ST-031R

スノーピーク(snow peak) 焚火台S

ナチュラムだと送料無料でポイントが430ポイントつくので、定価販売しかないスノーピーク製品はこちらで買った方がお得だね。




 - アイテム, キャンプ, 焚火台