御座・和具大島7/24-25

      2018/03/05

志摩に遊びに行ってきました。今回はカヤックでの「釣り」と「漕ぎ」が目的でした。24日は「釣り」で以前に購入したサーフトローリング用の弓角でトローリングに挑戦。 
午前中は雨が降っていたのでアルガフォレストさんのクラブハウスでのんびりダラダラ。 雨が上がって釣り始めたのは昼すぎ。まずは「トローリング作戦」でタンデム艇で漕ぎ漕ぎして御座の岬あたりをウロウロ。時間的にも魚が食うはずもなく予想通りまったくの釣果なし。で、あっというまに飽きて「ルアーで岩場周辺を探る作戦」に切り替え。それもあたりはあるものの釣果は無し。今度はテトラ帯の周辺で探るがあたりはあるもののやっぱりダメ。
最終手段として用意しておいたゴカイでキス釣りへ。1時間くらいでキス10、メゴチ1の釣果でした。キスは先週の海水浴でキスが砂浜を泳いでいるのを目撃していたので狙い通りでした。

換気扇が無いのでウッドデッキで天ぷらにします。サラダ油がなくなったのでオリーブオイルであげました。

ぎゅーとらで捕獲したタコを塩でやっつける柴田さん。

本日の晩御飯。小あじとオニオン、オクラの酢漬け /スペイン風和風タコ /タコ唐揚げ /キス天
そして、なんだかとりとめのない話で夜は更けていきました。ムカデ注意報発令中なのでムカデに注意しながらコットで睡眠Zzz…(*´~`*)

翌日は和具大島を目指して漕ぎます。片道2kmの短距離漕ぎです。写真中央のもっこりしているのが小島でその右となりに僅かに見えるのが大島です。大島の方が背が低いから見えずらい。

前回のうねり後遺症か横風の小波でも目がクラクラする。嫌だなぁ。 しかし、青い海
手前の小島に上陸し、ウミガメの産卵した後を発見。いくつもいくつもありました。ここから子亀が巣立っていくんだと思うとワクワクします。

大漁安全祈願の神社がありました。

小島を出ていよいよ大島に向かいます。小島と大島の間は水深もそんなに深くなさそうで透きとおって見える海底が続きます。

和具大島暖地性砂防植物群落【県指定天然記念物】
(わぐおおしまだんちせいさぼうしょくぶつぐんらく)

和具大島の植物群は天然記念物だそうです。僕は特に興味もないのでフーンって感じですがきっとその道の人には大切なものなんでしょう。踏みつけたり、ゴミなどで荒らさないようにしましょう。昔は海水浴場として使われていた事もあってトイレの跡や避雷針(?)などもありました。

上陸した砂浜。遠くに見えるのが志摩半島で左端が御座岬。

反対側はテトラが設置してある岩礁帯で、こちら側は上陸したり潜ったりしない方が良さそうです。

和具大島にも神社がありましたがこちらへのお参りは忘れてしまいました。すいません。

さて、シュノーケルと足ひれをつけて潜って見ます。ニザダイらしき群れが居て一緒に泳ぐことができました。他にフグやベラなども居ます。海草が生い茂っていてとってもいい感じ。



カヤックを使ってタープを張り、しばし歓談したり昼食をとったり。

その後は大島をぐるっと一周して帰路につきます。海草が生い茂っている大島の南側。


小島を眺める。

小島周辺も海底が良く見える。


何か釣れないかな~

今回ご一緒していただいたYさん。知性的で素敵な方です。

出艇場所に戻ってきました。充実した二日間でした。ありがとうございました。




 - ツーリング記録