ソト(SOTO) ミニポップアップテーブル フィールドホッパー ST-630

      2018/03/08

今まではキャプテンスタッグのアルミロールテーブルを使っていた。
値段が安いし、カヤックやオートキャンプでは問題ない大きさである。  (重さ:約700g)
しかも耐荷重30kg!
横のプラスチック部品が外れてしまうのがチョットうっとおしいかな。

先日、モンベルで色々と物色していたら、SOTOのテーブルを見つけた。
ソト(SOTO) ミニポップアップテーブル フィールドホッパー ST-630  (重さ:395g)
なんだかとても便利そう。しかも軽い!


家に帰ってからネットで色々と調べると、こんなのもある。
スノーピーク(snow peak) オゼン SLV-170  (重さ:330g)

これは値段も安い
Fire-Mapleアウトドア フォールディング アルミフレーム ウルトラライトテーブル  (重さ:378g)

SOTOはテーブルを持ち上げると天板が折りたたまれるようになるという事がある。
スノピと中華はどちらもそういう事はないが、組立と分解が面倒そう。

で、迷ったんだけどやっぱり簡単な方がいいなぁと。天板を固定する方法もありそうだし。
ついつい・・・ポチッてしまった。(^_^;)

超便利だわコレ。お勧めデス!!

----------------------------< 追 記 >----------------------------
テーブルをそのまま持ち上げるとこのように折れ曲がってしまう。

そこで、テーブルの短辺に合わせた長さの、このような針金を作ってみた。

テーブルを広げた後で短辺に取り付ければ折れ曲がりません。
畳む時は針金をテーブルの中に入れちゃえばOK。




 - アイテム, キャンプ, テーブル